歯医者で恥ずかしかった出来事

数年ぶりに歯医者へ行ったのですが、歯医者から「次は口紅をしてこないでね」と笑って言われました。そう言えば歯医者へ行く時に口紅をしていかないものなんだなと思い、ちょっと指摘されて恥ずかしかったです。歯医者へは頻繁に行かないので、そういう細かい事ってわからないものですね。歯医者から口紅のことを指摘されて、確かに虫歯の治療をするのに口紅ついていたらダメだなと思いました。次は忘れずに口紅をとってから歯医者へ行こうと思いました。そして次に歯医者へ行った時に、歯医者から「口紅はだめですがメイクは良いですよ」と言われたんです。私はすっぴんで行きました。あまり考えず、口紅がだめだと言われたのですっぴんのほうがいいかなと思ったんです。また恥ずかしいことになり、次に歯医者へ行く時は嫌だなと思っています。なんであの時すっぴんで行ってしまったのかと、グルグル考えてしまいます。もうやってしまったことなのに、いつまでも恥ずかしいです。

歯医者はどういうところがおすすめか

歯医者を受診しようと思った時はどういうところが良いかというと、通いやすいところを選んで通うのがおすすめです。それは自宅からの距離という面もありますし、歯医者の人柄も関係します。いくら通う歯医者が自宅から近くても歯医者の人柄に問題があるならそこは通いやすい歯医者とは言えないです。なぜなら、歯医者に通うことになると最低でも数回は通うことになります。そうなると複数回歯医者に自分の無防備な状態を晒すことになります。そのような状態を信頼できない歯医者に晒すのはすごいストレスになります。なので、歯医者を受診する時は自宅から近いことも重要ですが、それ以上に大事なのが歯医者の人柄も大事です。良い人柄の歯医者なら安心して歯の治療を受けることができますが、そうでないと安心もできないので自分が安心できる人柄が良い歯医者に治療を受けるのがおすすめです。それで多くの人は、満足度の高い歯の治療を受けることができます。

歯医者に通うことはむしろお得

歯医者で一番お世話になることが多いのが虫歯の治療でしょう。こればっかりは自力でどうにかできることではないです。自分の力で防ぐことはできるかもしれませんが、治すことは不可能です。防ぐことができるといっても今まで一度も虫歯になったことがないというような人の方がはるかに稀有な存在であると言えるわけで、一般的なオーラルケアをきちんと行なっている人であろうとも虫歯というのができてしまう時にはできてしまうわけです。きちんと磨いているとしても磨き残しがあることは少なからずありますし歯並びが悪かったりしますと磨けてないところが出てきてしまうというのは仕方がないことです。そうしたことも踏まえて、歯医者さんに通うことはとても大事なことになるわけです。今のところ不具合なんかが感じられるわけではないが、それでも診てもらうということを定期的に行うことによってむしろ結果としてかなり時間的なコストやあるいは金銭的なコストを抑えることができるようになるのです。栄 歯科